トイレをオシャレにするコツは照明にあった?!

インテリア好きならトイレにもこだわりたい!トイレは1日に何度も利用する場所ですし、リビングなど人の多く集まる場所とは隔離され一人の時間が持てる場所でもありますね。お気に入りのインテリアでくつろぎの空間にして来客者にも「ステキ」と思ってもらいたい!狭い空間だからこそ照明の役割がおおきいのでこだわって選びましょう。

トイレ照明の明るさ

明るさを考えるうえで2つの考え方があります。ひとつは、トイレに清潔感を求め、明るくしたいという考えです。健康管理のため排泄物を確認したいという方も明るさにこだわったほうが良いでしょう。もうひとつは、リラックスできる雰囲気を求めると照明は暗めがおすすめです。
インテリアのイメージにあった明るさのトイレにすることで、おしゃれさもアップします。

トイレ照明には、通常60~40ワットの照明が使われます。トイレで本や新聞を読む習慣があるなら60ワットの昼白色がおすすめです。リラックスを重視したい時は60ワットよりやや暗い40ワットを取り付けましょう。ただし同じワット数で同じ器具でも、壁の色によって明るさの印象が変わります。濃い色の壁では暗く感じ、明るい色の壁では反射もあり明るく感じます。そこを踏まえて明るさを考えると理想に近づけます。

ペンダントライトの高さ(長さ)

トイレは「ドアを開けて一歩入ったら、すでに照明は頭の上にある」ことが前提となります。つまり、すてきな照明を用意しても目にしてもらえない、ということが悩みどころですが、そんなときペンダントライトは威力を発揮!!!ダウンライトや天井面に設置するシーリングライトではトイレの中に入ってしまえばあとはほとんど目に止まらないなか、ペンダントライトはドアを開けたときに、自然な角度で目に飛び込んできます。

トイレの照明設置位置

では、どれくらいの高さに設置すべきなのでしょう?

照明の大きさなどにもよりますが、床から190㎝がおすすめ。「自然に目にとまって」「大抵の人にはじゃまにならない」と思います。家族の身長が低いとのことであれば、もう少し下の位置でもいいと思います。我が家は170センチ以上がいないためおおよそ180cmと低めに取り付けています。

ペンダイトライトの取付位置

トイレの天井照明は、トイレスペースのちょうど真ん中よりは20~30㎝ほど奥のほうに電源、あるいは引掛けシーリングで移動させることをオススメします。というのも、トイレの天井に光の模様が映りこむようにする為にはやや低めがオススメなので取付位置を便座の中央寄りや壁よりにすると邪魔にならずオシャレさも演出できます。また、男性が立ったときに、より圧迫感がなくなります。まず、トイレに座ったときに常に目の前に光源があると落ち着かないので目線の高さにペンダントライトなどが吊り下げられることのないように気を付けましょう。

やってはいけない長さ調整方法

  • コードが長すぎて切ってしまいたいと思ったことはありませんか?電線を切ってつなげるという行為は火災の危険性があるので、どうしてもというときはプロにお願いしましょう。また、今はオシャレなコードクリップがあるのでそれらを活用して長さを調整しましょう。個人的オススメはクリップ。ダルトンのクリップは安価でシンプルおしゃれ。それでいてバネの力がしっかりあるのでいい仕事をしてくれます♪100均のものも試しましたがバネが弱く落ちてきてしますのでオススメしません。
  • 電球の熱さを確認してから作業を行いましょう。特に白熱急は点灯していると熱を持ちます。やけどの危険性があるので点灯の必要のない明るい時間帯に行うか、一度点灯した後は軽く触って作業ができる温度か確認してから行いましょう。
  • 足場にするものは脚立など安定したものを使用しましょう。しっかりしたスツールなどは大丈夫ですがキャスターのついたものを使用すると怪我の危険性があります。くれぐれも気を付けましょうね。

トイレの実例写真

素朴さと優しさのデザイン

手作りらしさを残した小さめのペンダント照明「ベルカ」です。
ガラスと木の組み合わせにほっこりする優しいデザイン。北欧テイストがお好きな方にオススメです。

エレガントさを醸し出すゴールドのソケット

艶のあるガラスセードが幻想的な光を放つシンプルなペンダント照明「リケー」です。
オーロラのように煌めくアンバーのシェードとブライトゴールドのソケットが
より華やかな印象を与えます。

シンプルなシャボン玉フォルム

コーディネートしやすく飽きのこないフォルムのペンダント照明「リケー」です。上の写真の色違いですが、ホワイトカラーのシェードは灯りを優しく放つので、夜中トイレに行った際も灯りで目がさえてしまうことが少なそうですね

マリン照明でカッコよさをプラス

マリンランプの雰囲気はレトロ電球とも相性抜群。狭い範囲でも陰影がきれいに映し出されるのでおしゃれな雰囲気アップ!

形を変えて楽しむシェード

飾り気のないワイヤーフレームのセードのペンダント照明「モリス」です。メンズライクでありながらアンティークゴールドの落ち着いた雰囲気でどんなインテリアにもピッタリ!特殊な構造でシェードの形が変わるので気分に合わせて楽しんでいただけます。

立体的な星形でインテリアのポイントに!

アイアンで作られた星形のシェードは影が壁に当たりプラスアルファの効果をもたらします。

まとめ

同じトイレでもシェードによってイメージや雰囲気が変わることが分かりました。トイレはどこも置いてあるものはほとんど変わりません。だからこそライティングでインテリアに差がつくともいえます。ぜひ照明で、リラックスできるお気に入りのトイレ空間をつくってくださいね。Yahoo!ネットショップゆとり生活では、トイレをおしゃれ空間に変えるペンダント照明を多数取り揃えております。是非、ゆとり生活へご来店下さいませ。

友だち追加

上のボタンより友達登録お願いします!

お得なWEBキャンペーンはこちら

エクステリアリフォームをお考えの方はこちらもご覧ください

外壁塗装をお考えの方はこちらもご覧ください

▼外壁、屋根塗装のお問い合わせはこちらから

▼エクステリアリフォームのお問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です