暑い夏に涼しく過ごす照明の選び方

年々夏の気温が高くなり何とか少しでも涼しく過ごせる方法はないかと、お困りの方が多くおられるのではないでしょうか?単純にクーラーをかければ、涼しいです。ただ、電気代も馬鹿になりません・・・。普段過ごしている家の照明を工夫して、夏の暑い日、涼しく過ごせる方法、また、おすすめの照明や選び方を書きたいと思います。

照明の色温度って知っていますか?

照明には色温度というものがあります。太陽光や照明など光の色を表す為の尺度です。色温度が高くなるほど、光の色は青白く(寒色)なり、低くなる程よりオレンジ色(暖色)になります。よって、色温度を高くすれば人は涼しく感じられ、室温を下げなくても涼しさが感じられるそうです。色温度を高くし(昼光色)、エアコンの温度設定を少し上げて電気代も節約・・・なんて事もできそうですね。

電球を変えてみましょう。(白熱球とLED電球の温度差)

白熱球は点灯すると、表面温度が100℃~200℃の高温になります。白熱球を交換する際、電球を触ると「‣・・熱っ!!」と手を引っ込めた経験はありませんか?それに対して、LEDは約50℃です。電球交換もたやすく出来そうな熱さですよね。これだけ考えても室内の照明に使用している電球が白熱球だと、その影響で室温が少し上がっていると思われます。お家の照明の電球をLED電球に変えると室温も少し下がりそうです。

オススメ照明①

LEDランタン

こちらのLEDランタンは、オイルランタンのような優しい光が楽しめるよう、黄色のLEDを採用しています。調光機能も付いているので、スイッチを使って明るさを調整できます。こちらのLEDランタンをベランダ、ウッドデッキに置いて夕涼みなんていかがでしょうか?涼しくなったお庭で、美味しいお酒を飲む幸せな時間が日中の暑さや疲れを癒してくれると思います。

オススメ照明②

アロマライトアネラ

天然大理石のベースにグレーガラスを合わせたテーブルライト。真鍮製のカップに水を張りお好みのアロマオイルを垂らせばアロマライトとしてもお使いいただけます。主照明を切る事で、ちょっと部屋を暗くし間接照明の灯りとアロマの香りで涼しい夏を楽しんでみられてはいかがでしょうか?

オススメ照明③

ペンダントライトラクシャド

目にも涼しげなラタン素材を使用したセード。編み目からこぼれる灯りも涼を感じます。リゾートホテルにでもいる様なそんなリラックスした気持ちにもしてくれる照明で夏の暑さを忘れられそう。セードがかぶさるタイプの照明は、おしゃれさの無い普通のLED電球を取付しても電球自体見えないので、遠慮なく取付する事が可能です。電球の見えるセードでは、おしゃれな電球にこだわりたくなるもの。ラクシャドなら、おしゃれ電球にこだわらず、電球が取付出来そうです。

まとめ

夏の暑い日が続きます。暑い時期には暑い時期を楽しむ工夫も必要になります。少しでも、涼しく感じられるよう、まずはできることから始めてみませんか?Yahoo!ネットショップゆとり生活では、様々な照明を取り扱っております。ブログを読んで気になられた方は、ゆとり生活照明ページにお気軽にご来店下さい。お待ちしています!

友だち追加

上ボタンより友達追加お願いします!

お得なWEBキャンペーンはこちら

エクステリアリフォームをお考えの方はこちらもご覧ください

外壁塗装をお考えの方はこちらもご覧ください

▼外壁、屋根塗装のお問い合わせはこちらから

▼エクステリアリフォームのお問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です