キッチンマット敷く?敷かない?選び方は?

皆さんのご自宅ではキッチンマットを敷いていますか?ここ最近、キッチンマットは「敷く派」「敷かない派」として二分されるようになりました。「洗濯が面倒」「敷かない方がスッキリして見える」「なくても困らない」などの意見がきかれます。「本当にキッチンマットはなくてもいいのか?」メリットとデメリットをまとめてみました。

キッチンマットのメリット

まずはキッチンマットを敷くメリットを紹介していきます。

・汚れ防止

料理中や洗い物中は、油汚れや水はねが気になりますよね。キッチンマットを敷く理由はまさにこの汚れ防止が一番と言えるのではないでしょうか。キッチンの周りはとても汚れやすい環境になっています。例えば、揚げ物をすれば油ハネがあり、洗い物の時には洗剤や水が飛びます。調味料や食材が床に落ちる事もあるでしょう。キッチンマットを敷いていないと、その床に落ちた汚れをスリッパで踏んで広げてしまう恐れがあります。そうすると、汚れる度に床とスリッパを掃除しないといけないのです。キッチンでさえ使った後の片付けも大変なのに、床までとなると手間がかかってとても大変ですね。

・傷防止

キッチンで作業をしているとうっかり物を落としてしまう事はよくあります。また、鍋やフライパン、水筒など重量のあるものを落としてしまった時にキッチンマットを敷いていないと床が傷ついてしまうかもしれません。そんな危険から床を守ってくれるのがキッチンマットです。クッション性のあるキッチンマットであれば、衝撃を吸収してくれるので防音効果も期待できます。

・足の疲れや冷えを軽減

キッチンにいる時は立ちっぱなしがほとんど。知らず知らずのうちに足に負担がかかっています。毎日キッチンに立つ事が多い方にとっては夏場の冷房対策冬の冷え防止にも有効なのでオススメです。

・見た目が華やかに

シンプルになりがちなキッチンですが、アクセントとしてキッチンマットを持ってくると、パッと明るくなります。自分のお気に入りのカラーや柄を取り入れる事で気分も上がりそうです!もちろん、あまりキッチンマットを目立たせたくないという方もおられると思います。

Finlayson キッチンマット50×180cm

このようにキッチンマットを敷くことで床を守ってくれたり足の冷え対策にもなったりとメリットは沢山あります!

ですが、一方でデメリットもあります。見ていきましょう。

キッチンマットのデメリットと対策

・お手入れが面倒

キッチンマットは生地が分厚い物は多く、洗いにくいイメージですよね。しかも、マットとなればお家洗い出来るの?と不安になります。

→最近では洗濯機洗いOKの物や薄手の物、速乾性に優れたタイプなど多くの種類が販売されています。なので、キッチンマットを選ぶ際には、薄手の物や洗濯機洗いがOKのタイプを選ぶとよいでしょう。

・滑ったり、ずれたりして危険

滑り止めが付いていないキッチンマットだと、作業中に滑ってしまってストレスに感じてしまう事もあります。小さなお子様やお年寄りがおられるご家庭は危険かもしれません。

→その場合は、滑り止め付のキッチンマットの購入を検討する必要があります。

このように

裏面に滑り止めが付いているか確認!

もしくは、床とマットの間に滑り止めを敷くことでかなり滑りにくくなります。どちらにせよ、少し工夫が必要ですね。

出典:https://beau-decor.com/blog/kitchen-mat/

キッチンマットどうやって選んだらうまいく?

キッチンマットを選ぶ上でのポイントを、実際に敷いている人からの声も踏まえてまとめてみました。是非、参考にしてみて下さい!

・サイズで選ぶ

システムキッチン巾の基本的なサイズは180~300cmになります。キッチンマットは、特に150~240cmが一般的なサイズです。まずは、ご自宅のキッチンのサイズを実際に測ってみるのがよいでしょう。

調理中は、想像以上に広範囲で油ハネをしています。床の保護を考えると少し大き目がオススメです。既製品のロングタイプのキッチンマットは長さが約180~240cm、奥行約50~60cmで、一般的なキッチンのサイズに合うように作られています。

出典:https://beau-decor.com/blog/kitchen-mat/

・手入れのしやすさで選ぶ

PVCポリプロピレンを素材とするキッチンマットは、汚れがついてもサッと拭くだけで綺麗に取り除く事ができます。ソースや醤油、コーヒーなど濃い液体がこぼれてしまってもお手入れが簡単です。キッチンマットは特に毎日洗えるものではないからこそ、日々蓄積されていく汚れが気になるという方にはこの「拭けるマット」はとってもオススメです。

一方、布製のキッチンマットは液体の汚れの場合染み込んでしまう可能性があります。料理中は液体を扱う場面が多いからこそ注意が必要です。ですが、そんな中でも特殊な素材や繊維を使って撥水性を持たせたキッチンマットも続々と販売されています。

・厚みで選ぶ

キッチンマットに限らず、マットを購入する際に厚みをチェックしておきましょう。厚みのあるキッチンマットは、「足を冷えから守る」「長時間立っていても足への負担が少ない」などのメリットがありますが、一方で「低い位置の引き出しに引っかかってしまう」「お子様やお年寄りはつまずきやすい」などのデメリットもあります。サイズはもちろん、厚みもチェックして選んでみてください!

まとめ

個人的にはデメリットより、メリットの方が多いように感じました。「キッチンの雰囲気を変えたい」という時にもうまくキッチンマットを利用してみてはいかがでしょうか。インテリアに合わせてどんなデザインの物にするかで一気に雰囲気が変わるはずです。先程ご紹介したキッチンマットの選び方を参考に、まだキッチンマットを取り入れておられない方は是非挑戦してみてください!

お得なWEBキャンペーンはこちら

エクステリアリフォームをお考えの方はこちらもご覧ください

外壁塗装をお考えの方はこちらもご覧ください

▼外壁、屋根塗装のお問い合わせはこちらから

▼エクステリアリフォームのお問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。