ホームデコ倉吉店 縁側カーテンの事例5選

機能的な住宅が多い現在、昔ながらの日本建築で見かける縁側は珍しい存在になってきています。鳥取県の中部でも減ってきている縁側ですが、ときどきカーテンの掛替のご依頼があります。そんな中でこれまで施工した縁側カーテンの事例をご紹介いたします。

目で楽しむ縁側カーテンの取り付け

日当たりの良い縁側に遮光カーテンを取付した事例です。

掛け替えの際に縁側を見させていただくと、雲やすすき、芝といった和風柄かゴールドっぽい色のダマスク柄のカーテンが付いていることが多いですね。

今回は北欧風の小さな柄のパターンのカーテンです。

質感で楽しむシックな無地のカーテンへ掛替え

こちらも和柄ではなく、無地のカーテンを縁側に使いました。

アイボリーのドレープカーテンにシンプルなボイルレースの組み合わせに。

コードタッセルがポイントとなり、エレガントさもある縁側の完成です。

縁側のレースカーテン掛け替え事例

L字型の長い縁側、これまではドレープカーテン、レースカーテンと2重にしておられましたが厚手のドレープカーテンは使わない!とのことで厚みのある遮熱レースカーテンだけに掛替をしました。

シックな窓辺を演出するカーテンの取付

ワインカラーのレースカーテンが魅力的な縁側です。

ドレープカーテンはもう1段濃いめの色合いでとてもシックな仕上がりです。

写真で見るよりも実際に目にしたほうが素敵さ倍増です!

すっきりとした縁側を演出するロールスクリーンの取付

縁側に調光ロールスクリーンのTOSOビジックを3台並べて施工した事例です。

カーテンの優雅さとはまた違うすっきりとした印象です。

ボーダーの効果でとっても長ーい縁側に見えますね。

縁側といっても見ていただいた通り、お家それぞれで表情が違います。お家に合わせてお選びいたしますので、縁側のカーテンでお悩みの際にはぜひご相談ください。

お得なWEBキャンペーンはこちら

エクステリアリフォームをお考えの方はこちらもご覧ください

外壁塗装をお考えの方はこちらもご覧ください

▼外壁、屋根塗装のお問い合わせはこちらから

▼エクステリアリフォームのお問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。