デザインレースの楽しみ方

新築、リフォーム、掛替でカーテンとレースを選ばれる時、どちらから選ばれますか?

もちろんどちらから選んでもいいのですが、多くの方はカーテン(一般的に部屋側に取り付けるドレープ)から選ばれる事が多いです。

最近は、レースをメインに考えられる方も増えています。その理由として、朝カーテンを開けて日中はレースがお部屋の雰囲気を盛り上げてくれているからです。

日本の住宅事情や気候事情で見えにくいレースやUVカットも需要が多いですが、カラフルだったり、繊細でエレガントなレースもとても魅力的ですね

野花の刺繍のデザインレース

レースの下方に野花のイラストが刺繍されています。窓の外の緑と相まって窓辺にお花が咲いてるようです。総柄のエレガントなカーテンとも、バランス良くコーディネートされています。

愛らしいペンギンさんがモチーフ

あえて上部のタックを取らないフラット縫製にしました。より愛らしいペンギンさんの姿が眺められて、楽しい気分です。

いつでもレースを楽しめる演出

レースは窓側、カーテンは部屋側という取付け方が多いですが、夜カーテンを閉めるとレースが隠れてしまいます。もちろん夜はお気に入りのカーテンを楽しめますが、夜でもデザインレースを楽しむ方法があります。

それはカーテンを窓側、レースを部屋側に取り付けることです。カーテンをシンプルな無地にすることで、夜でもデザインレースを楽しむ事ができます。

まとめ

お部屋のイメージ、コンセプト、印象を最終的にまとめるのには、窓装飾(カーテン、ロールスクリーン等)に大きな役割があると思います。

気軽にお部屋の雰囲気を変えることができるので、レースをメインでコーディネートを考えるのも一つの技です。

 

お得なWEBキャンペーンはこちら

エクステリアリフォームをお考えの方はこちらもご覧ください

外壁塗装をお考えの方はこちらもご覧ください

▼外壁、屋根塗装のお問い合わせはこちらから

▼エクステリアリフォームのお問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です