い草ってお尻がいたくなりそう…と購入をためらっている方必見!

い草のラグというと「ござ」のような薄いものを想像しがち。あの薄さに長時間座るとリラックスどころか…になってしまいますよね。

ですが、各メーカーが最近の住宅にも合うようなおしゃれでかつクッション性にも優れたい草ラグを販売されているのです。

い草=古臭いとは言わせないおしゃれさも感じて頂きたいです。

「お尻の痛さ」=「座り心地の悪さ」が解消されれば、あとはい草ならではのメリットの多さで一年中手放せなくなる人もいるのでは…?!

そもそも「い草」とは?

畳の素材としてつかわれているのがい草です。日本人にとって馴染み深いものですが、現代の住宅ではスマートハウスが主流となり和室を作らないことが増えてきています。ですが、ふと疊が恋しくなるのが日本人。

そこでフローリングのお部屋でも手軽にい草の効果や香りが楽しめるのがい草ラグです!

い草のメリット

  • 綿の2.5倍!優れた調湿効果

い草は空気中の水分を吸収し、乾燥している時には放出する効果があり、特に吸湿力は綿の2.5倍もあります

お部屋の中の湿度を快適に保つので、機密性の高い住宅では夏の多湿・冬の乾燥など季節の悩みには快適さを実感できます。冬の結露は和室では少ないことが快適さを物語っていますよね。

  • 20年続く空気清浄・消臭効果

い草の成分には天然の消臭効果があり、悪臭を効率よく吸着して分解します。また、「二酸化窒素」や「二酸化硫黄」などのホルムアルデヒドも吸着し分解する力があります。この効果は20年間以上持続するということが実験で証明されています。

つまり、嫌な臭いや有害物質を吸着しながら心地よい香りを放出してくれるのが、他の植物にはみられない、い草ならではの特性なのです。

い草ラグマットのメリットとは?

  • 実はお掃除が簡単

毛素材のラグマットで特に毛足の長いタイプは、かわいいけれど毛の間にこぼした食べ物や水分が入ってしまったとき、なかなか取れなくてお掃除が大変ですよね。

ですが、い草ラグマットの場合はその場でさっと拭いて乾かしてあげるだけで良いのでとっても簡単

また、カビやダニ・雑菌などの心配も毛素材のラグマットに比べて少なく、軽いので掃除のために動かすことも苦になりません。

汚れや水分が中まで入り込まないので、日々のお掃除は、目に沿って掃除機や箒などでゴミを取り除き、乾拭きをするだけで清潔な状態が長持ちします

厚手のい草ラグマットの選び方とは?

  • ポイント1 い草の産地で選ぶ

い草は断然「国産」のい草を使った製品がおすすめです。

国産のい草をおすすめする理由

①十分に成熟してから収穫されているため、1本1本が太くてコシがあり表皮も厚いのが特徴。

②芯の部分には外国産に比べてしっかりとした繊維が詰まっているため、吸湿性が高く長持ちする。

③時間をかけてゆっくりと乾燥させているので適度な水分が残り、その分弾力性がうまれ、仕上がりもふっくらとした心地よさが味わえる。

今は安価で手に入れやすい中国産がたくさんありますがやはり寿命も短いです。心地よさを追求するなら、できるだけ国産のい草を使ったラグがオススメですが、それぞれの特性を知ったうえで生活に合わせて選んでみてくださいね。

  • ポイント2 ラグマットの厚さで選ぶ

厚手のい草ラグの場合、厚さは5mm〜10mmほどで、裏面にウレタン素材を貼ったものが一般的です。

5mm以上あればカーペットと同じく長時間座っていてもお尻が痛くなりにくいです。さらに座り心地を追及する場合、い草ラグの下に下敷き専用のラグを引くことをおすすめします。滑り止めがついているものが多いのでい草がすべってしまうことも少ないです。また、厚みもバリエーション豊富なので希望の厚みにすることができます。

このように裏がついているとクッション性があり座り心地が良い♪

イマドキなおうちにオススメい草ラグ

い草なのにカラフル!?そうなんです。こんなかわいい柄だってあるんです!ポップな色目なのにい草の素材感で落ち着く雰囲気にも。

カモフラ柄のようなカッコイイ柄。モノトーンなおうちに合いそうですよね。

レトロにも思えるラウムシリーズ。敷いてみると意外としっくりきちゃうのです。悩んだらラウムがおすすめです♪

軽いので敷くのもおっくうになりません♪

このように昔ながらの柄も大事にしつつ今の生活にも合うい草ラグもたくさんあります。ムシムシ不快な日本の梅雨~夏を、敷いた瞬間から香るい草のいい匂いでリラックスタイムをすごしませんか?

店頭には写真以外にもたくさん展示してあるのでぜひ実物をご覧ください。ご来店お待ちしています♪

お得なWEBキャンペーンはこちら

エクステリアリフォームをお考えの方はこちらもご覧ください

外壁塗装をお考えの方はこちらもご覧ください

▼外壁、屋根塗装のお問い合わせはこちらから

▼エクステリアリフォームのお問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。