ペンダントライトとシーリングライトの違いとは?照明選びのポイント

ペンダントライトとシーリングライトはどういう照明かご存じですか?聞いたことはあるけど具体的には???それぞれの特徴を理解してお部屋にあわせた照明のおしゃれを楽しみましょう。

ペンダントライトとは

ペンダントライトは天井から吊り下げて使う照明のことです。主照明というよりも明かりが欲しいところに設置する狭い場所向きの照明です。シェードのバリエーションが多く、インテリアのアクセントになるデザインの種類も豊富にあります。シェードを吊り下げる長さも調整できます。

インテリアのポイントになるペンダントライト
電球がメインのペンダントイト

シーリングライトとは

天井に直接取り付ける照明でお部屋を均一に明るく照らしたい場合におすすめです。

機能的なものが多く、リモコン操作、調光、調色等ができるものもあります。

ぺったんこタイプのシーリングライト
いまはこんなおしゃれなシーリングライトも
出典:INTERFORM INC. アストルシーリングライト

ペンダントライトはどんな場所におすすめ?

ペンダントライトは種類が豊富なので、いろいろな場所にお使いいただけます。 ダイニングテーブルの上、キッチンカウンターの上、吹き抜け、玄関、トイレ、階段、寝室などなどインテリアと用途に合わせて選べます。

ガラスシェードのペンダントライトを並べて
工業用っぽい武骨なペンダントライト
まるでお月様のような和紙ペンダントライト
トイレや階段なら1灯でも

シーリングライトはどんな場所におすすめ?

シーリングライトは薄型のものが多く、お部屋全体を明るく照らすので、リビング、勉強部屋などにおすすめ。調色ができるものもあり、日中と夜で明かりの色を変えて楽しむこともできます。床から天井まで高さが無いお部屋にも良いです。

音楽の流れるシーリングライト 
出典:Panasonicスピーカー付きシーリングライト

レトロ感漂うシーリングライト

シェードがついたシーリングライト
出典:ODELIC CONTEMPORARYシリーズ
4灯向きを変えられるシーリングライト

こんな場合ペンダントライトはNG

いろいろな場所におすすめと書いたペンダントライトですが、種類によってはあまりおすすめできない場合もあります。例えばリビングはお部屋全体を明るく照らしたいところですが、主照明に下向きにしか明かりが広がらないペンダントライトを使ってしまうと天井や壁面が暗くなってしまいます。特に光を通さない金属製のシェードは要注意です。

壁、天井が暗いけど雰囲気はありますね。手元はデスクライトで明るく。

その場合はダウンライトやシーリングライトと組み合わせて使うと全体を明るくしつつ、照明のインテリアも楽しめます。

ペンダントライトとダウンライト
ペンダントライトとシーリングライト
出典:ODELIC OL291355

ペンダントライトで全体を照らしたい場合は、シェードの上部からも光が広がるもの、シェード全体から明かりを照らすものを選びましょう。

シェード全体が明るいタイプ 
出典:ODELIC OP252430
上部が抜けているタイプ
出典:Panasonic LGB19471

お得なWEBキャンペーンはこちら

エクステリアリフォームをお考えの方はこちらもご覧ください

外壁塗装をお考えの方はこちらもご覧ください

▼外壁、屋根塗装のお問い合わせはこちらから

▼エクステリアリフォームのお問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です