車を雨や雪、紫外線から守る!2台用カーポートを選ぶならコレ。カーポートの選び方教えます!

「雨が降ると、車から荷物を下ろすのも家まで入るまでもずぶぬれになって大変…」「雪が降ると、車が雪まみれになって早朝からの雪かきが大変…」「紫外線が強いと車の塗装が傷んでしまうんじゃないの?…」このように、車持っている方は誰しも思っているのではないでしょうか。そんな人におすすめなのが、カーポートです。カーポートを設置することで、雨や雪、紫外線から車を守ることができます。また、雨や雪の日の車からの荷物の出し入れにずぶぬれになったりを防いだり、車の盗難やいたずらを防止する効果もあります。特に、2台分の駐車スペースを確保したいという人にとって、カーポートは便利なアイテムです。カーポートを設置すれば、こういったたくさんの問題を解決する事ができます。そこで今回は、カーポート2台用について、メリットやデメリット、選び方などについて解説します。カーポートの設置を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

カーポート2台用のメリット・デメリット

カーポートは、車を雨や雪、紫外線から守るための屋根付きの駐車スペースです。2台用カーポートは、2台分の駐車スペースを確保したい場合に便利なアイテムです。

メリット

車を雨や雪、紫外線から守る

カーポートを設置することで、車を雨や雪、紫外線から守ることができます。これにより、車の塗装や内装を劣化から守り、車の寿命を延ばすことができます。また、雨や雪で濡れた車に乗り込まなくても良くなるので、風邪の予防にもつながります。

車の盗難やいたずらを防止する

カーポートを設置することで、車の盗難やいたずらを防止する効果もあります。カーポートがあると、車上荒らしなどの被害に遭うリスクを減らすこともできます。

家の外観を整える

カーポートを設置することで、家の外観を整えることができます。カーポートのデザインや色を家の外観に合わせて選ぶことで、統一感のある美しい景観を保つことができます。

デメリット

設置費用がかかる

カーポートの設置費用は、カーポートの種類やサイズ、設置場所などによって異なりますが設置費用がかかってきます。

メンテナンスが必要

カーポートは、屋外にあるため、定期的なメンテナンスが必要です。屋根材のホコリ・塩分・砂などの汚れが付いたまま長期間放置してしまうと、雨漏りや風雨による破損などの原因となります。汚れが軽いうちに拭き取るなどの定期的な清掃をしてください。清掃の目安は年に1~2回程度が良いでしょう。

選び方

並列駐車タイプ

カーポートのサイズは、車のサイズに合わせて選ぶことが大切です。車がギリギリ収まるサイズだと、乗り降りや荷物の出し入れがしづらくなります。まずは車のサイズをしっかりと把握する事が大切です。ボンネットを開けてメンテナンスする事を考えたり、トランクを開けて荷物を降ろしたりする事など、想定して考えて2台並列タイプのカーポートで横幅5m×奥行5m以上のサイズの物を目安とすると良いでしょう。

縦列駐車タイプ

標準タイプの倍の奥行きが必要で、細長い形状が特徴です。奥行きは8mほどが最低の長さで、10m~12mほどの長さがあれば大型車も2台駐車することが可能です。ただし、2台あるうちの奥の車は、前の車を出してからでないと移動できません。そのため、普段からよく運転する車を前に駐車しておくようにすると車がスムーズに出入りできます。

カーポート施工の注意点

新築時予算が無いので土間コンクリートを先に施工して、カーポートはまた後で・・・とお考えの方も時々おられます。土間コンクリートを先にした後、数年後カーポートを建てると、柱の部分のコンクリートを壊してその部分を補修する事になります。1年経過するだけでコンクリートの色はもちろん変わりますので、その部分のみ写真の様にコンクリートの色味がはっきりと変わってしまう事になります。

それが気になると言われる方は、土間とカーポートは同時期に施工する事をオススメします。

設置場所

カーポートを設置する場所の風向きや日当たりを考慮して、屋根の形状や素材を選びましょう。カーポートを設置する場所の条件によって、費用が異なります。地盤が軟弱な場合は、基礎工事が必要になるため、費用が高くなります。屋根を支える柱が建つので、敷地や位置によって駐車位置が限られ、出入りがしにくくなる場合があります。(梁延長などで対応可能な場合もあります。)

確認申請

カーポートの床面積が10平方メートルを超える場合は、建築確認申請が必要です。確認申請は、市区町村の建築課に提出します。確認申請は基本的にはご本人が行います。しかし、申請には図面などの提出もあるので、住宅関連の設計事務所、もしくはカーポートの施工業者が代行して行う事があります。確認申請には、通常1~2か月程度の期間がかかります。余裕を持って手続きを行うようにしましょう。

ホームデコカーポート施工事例まとめ

新築外構のご相談でご来店でした。基本は車を置くスペースを出来るだけ確保したいのと、目隠しフェンスをご希望でした。カーポートは2台用をご希望で、物置の設置も希望しておられました。

新築の外構工事をお考えで、できるだけ予算を抑えてカーポート+駐車場コンクリートにしたいとのご希望でした。予算を抑えながらも、利便性を向上させたエクステリアになりました。

娘さんが車を購入する為、3台になるので駐車場の出入口を広げたい。カーポートが欲しいとのご希望でした。ブロック塀に囲われている為、車の出入りがしにくい状態でした。また、物干しと物置があった為、スペースが狭く駐車が大変でした。

まとめ

カーポートは車を守るだけでなく、家の外観を整える効果も期待できます。設置費用やメンテナンスなどのデメリットもありますが、メリットとデメリットをよく理解した上で設置を検討しましょう。

お得なWEBキャンペーンはこちら

エクステリアリフォームをお考えの方はこちらもご覧ください

外壁塗装をお考えの方はこちらもご覧ください

▼外壁、屋根塗装のお問い合わせはこちらから

▼エクステリアリフォームのお問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

開放的なお庭に変身